学会賞受賞記念シンポジウム


未来を紡ぐ人間関係研究会の歩み

このシンポジウムは一般公開の催しとなります。

詳細は随時こちらのページに案内更新します。

 

人間関係研究会は、エンカウンター・グループを通した、安全な雰囲気の中で成長し合う人間関係の研究と実践を目的として、1970年春に発足し、もうすぐ50周年を迎えます。パーソンセンタード・アプローチの精神を大切にしながら、毎年各地で、エンカウンター・グループを中心とした多様なワークショップを開催しています。これらの活動を通して、教育・医療・福祉・産業・家庭・地域に、より真実で建設的な人間関係を育てていくことを課題にしています。

 

このシンポジウムでは、研究会のこれまでの取り組みをふまえながら、現代社会における人間関係はどのような状況や課題があるのか、そしてどのようなアプローチ、実践が求められているのかを探求したいと考えています。

日時  2019年923日 15:45〜17:15 *受付15:30〜

場所  跡見学園女子大学 文京キャンパス ATOMI Blossom Hall

参加費 無料

 

 

司会

 山田俊介(香川大学・人間関係研究会

 

シンポジスト

 畠瀬 直子(KNC関西人間関係研究センター・人間関係研究会

 高松 里 (九州大学留学生センター・人間関係研究会) 

 本山 智敬(福岡大学・人間関係研究会

 

   指定討論者

   森岡正芳(立命館大学) 

 


参加申込方法

大会・WS参加の方々:参加証の提示でそのままご参加いただけます

一般参加の方々

下記の参加申込フォームよりお申し込みください。

または、メール/郵便はがき/FAXにて、出席される方の氏名、住所、電話番号(連絡用)を記載の上、事務局宛に送信/投函してください。

 

お問い合わせ

日本人間性心理学会 第38回大会運営理事会 事務局

〒960-1296 福島県福島市金谷川1番地

福島大学 子どものメンタルヘルス支援事業推進室内

FAX 024-503-3414

MAIL 2019jhpc@gmail.com

 

学会賞受賞記念シンポジウム 参加申込フォーム(一般参加の方)

メモ: * は入力必須項目です


人間関係研究会の学会賞受賞について

 

日本人間性心理学会学会 学会賞選考委員長  伊藤 義美

 

平成30年度学会賞は、団体としての人間関係研究会[2018年度代表 山田俊介(香川大学)]が受賞されました。人間関係研究会は本学会の賛助会員でもあり、現在の研究会スタッフ31名全員が本学会の会員です。

 

受賞の理由は、以下のとおりです。

人間関係研究会は1970年に結成されて以来、現在まで50年間にわたって多種多様なエンカウンター・グループを中心に、人間中心の教育、フォーカシング、ロジャーズ派のカウンセリングなどのワークショップ・プログラムを毎年30ほど提供してきています。特に清里プログラムでは、インタレスト・グループ、ファシリテーター養成、ラージ・グループ・ミーティングなどのグループの社会実験的試みを行っています。人間関係研究会のプログラムには、毎年多くの実践者、研究者、教員、院生、一般参加者などが参加しています。研究会の出版物として『カール・ロジャーズとともにーカール&ナタリー・ロジャーズ来日ワークショップの記録』(創元社、1986)、『エンカウンター・グループから学ぶ―新しい人間関係の探求―』(九州大学出版会、1991)、『パーソンセンタード・アプローチ―21世紀の人間関係を拓くー』(ナカニシヤ出版、1999)、『エンカウンター・グループと国際交流』(ナカニシヤ出版、2005)、『パーソンセンタード・アプローチの挑戦―現代を生きるエンカウンターの実際―』(創元社、2011)があります。この他に雑誌「ENCOUNTER 出会いの広場」(No.1~No.26)と研究会資料(No.1~No.11)を発行しています。

 

海外交流も積極的に行い、招聘したアンドレ・オウ(1979)やディブ・メァーンズ(2005)の研修会、特筆すべきはカール・ロジャーズ&ナタリー・ロジャーズのPerson-Centered Approach Workshop with Carl & Natalie Rogers(1983)、国際フォーラムである第8回IFPCA(PCA JAPANフォーラム)(2001)などを開催しています。

 

このようにエンカウンター・グループの実践と研究を中心にわが国の人間性心理学の発展に大きな貢献をしてきており、学会賞受賞に値すると考えられます。