WS2 保育臨床と子育て支援Ⅱ


講師:青木紀久代

日時 2019年9月23日(月祝)13:00-15:30

場所 跡見学園女子大学 文京キャンパス

 

内容紹介

 保育臨床の世界を少し広げて、保護者対応や地域の子育て支援について考えます。  保育の場も、子育て支援の場も、子どもと家族の援助を行う主役は、保育の専門家です。その方々と子どものことを一緒に考えて、協働するところから、保育臨床が始まります。  ワークショップは、現場の問題を心理臨床的にアプローチしていくことが目的ですが、例えば、一人の子どもを囲んで多分野の専門家が一緒に問題解決を考えることができるのは、人間性心理学会の会員構成ならではの機会と思い、皆さんとの出会いを楽しみにしております。

 

参加条件

保育臨床に興味のある方なら、どなたでも参加できます。保育や子育て支援で活躍する様々な専門家のご参加をお待ちしています。

 

 


講師紹介

青木 紀久代

社会福祉法人真生会 白百合心理・社会福祉研究所 所長 博士(心理学)・臨床心理士・公認心理師 お茶の水女子大学准教授を経て現職。保育園や乳児院で、長らく心理臨床を行っている。

 

▶︎現在の主な活動 文京区子ども・子育て会議 議長 横浜市旭区臨床心理系インターンシップ協働支援事業 監修者 保育臨床・子育て支援の専門誌「子育て支援と心理臨床」(福村出版) 編集長。 保育専門誌「保育の友」に「応援☆保育士の心」として保育臨床エッセイを連載。  

 

▶︎関連する主な著書いっしょに考える家族支援―現場で役立つ乳幼児心理臨床―」(明石書店) 「実践・保育相談支援」(みらい) 「保育の心理学」(みらい)他

 


参加申し込み

以下の参加申し込みフォームに、必要事項をご入力ください。